住宅ローンの返済で無理をしてはいませんか?

  • 支払いが苦しい
  • 支払い延滞が続いている。
  • 金融機関などから督促状や催告書が送られてきた。
  • 期限の利益の喪失予告通知が届いた。
  • 競売予告の通知が届いた。
  • 裁判所から競売開始決定が来た。
など、住宅ローンの返済で困ったとき、悩んだときは、
まず 任意売却相談センターの無料相談をお試し下さい。

日々の悩み、苦しみから脱出する最前の方法を私ども全国任意売却相談センターはご提案致します。

任意売却とは

住宅ローン返済の残る不動産を銀行などの債権者の許可を得てご自分から売却することを云います。

勤める会社が倒産、勤続するご自分の部署が海外移転、突然のリストラなどによる収入の激減などなど、何らかの事情で住宅ローンの返済が困難に陥り返済が延滞気味もしくは、ある一定期間滞納をした場合には、銀行等の金融機関は、抵当権に従って、所有者の不動産を競売にかけ、現金化して貸付金を回収しようとします。


しかし競売ですと、いくらで落札されるかは開札日までわかりません。そして売買価格も市場価格より2〜3割低い価格になることが一般的です。 そこで不動産会社などの仲介者がローン返済が困難になった所有者と金融機関などの債権者の間に入り、両者に満足のいくような価格・条件で債務者の不動産を売却することを任意売却と云います。


競売と任意売却の違い

簡単にいうと、競売は裁判所が主体となって不動産の処分を持ち主の意志とは無関係にドンドンと進めて行きます。 任意売却は持ち主と債権者と買い手と打ち合わせをしながら進めて行きます。


売買価格も、競売は任意売却よりも低い金額で取引されるのが一般的です。 売買価格が低いということは残る借金も多くなるということになります。


引越し代・立ち退き料などの交渉は全てご自分で行わなければならないのが競売です。任意売却は依頼を請けた代理人が行います。


上記のようなことから任意売却は競売に比べて有利と云われます。


競売と任意売却に共通することも有ります。 それは両者ともマイホームを失うということ。 マイホームを失った後も自己破産をしない限り借金が残るということです。



任意売却と引越し代

引越し代は作ります!

大金を要求されては困るのですが、引越し代は必ず捻出いたします!


住宅金融支援機構を筆頭に多くの金融機関が自己破産をする場合を除き、任意売却の引越し代を認めてくれなくきております。


しかし、私たちは今までに全依頼者に対しまして引越し代を100パーセント捻出して参りました。したがいまして、私たちは『引越し代がもらえる場合が有ります』等のような曖昧な表現はいたしません。

" 引越し代は作ります!"
 と、断言いたします。 私たちの企業努力をお見せいたします!



任意売却終了後の残った住宅ローンの返済

お客様にあわせた無理のない返済計画をご提案致します。

任意売却で不動産を処分してもローン全額の返済は無理な場合がほとんどです。

住宅ローンが全額返済できず残った場合には、その残った分を返済しなければなりません。

その残ってしまうローンの残額を月々5,000円とか1万円とか2万円とか、貴方の経済状態に合わせて返済して行くことを交渉によって認めてもらいます。



親子間での任意売却・元夫婦間での任意売却

親子間での任意売却は非情に難しいとお考えください。

親子間の任意売却、元夫婦間での任意売却は任意売却の中でも特に特殊なスキルが要求される案件です。


非情にデリケートで繊細な要素を含んでおります。チョットでも扱い方を誤ると話はまとまりません。難しい割には得る手数料は普通の任意売却と同額です。


したがいまして、多くの業者さんは親子間売買・元夫婦間売買は扱いたがりません。親子間の任意売却は私たちの最も得意とする分野です。複雑なご相談をお待ち申し上げております。


私たちは、親子間の任意売却・兄弟間の任意売却を好んでお取り扱いいたします。一度、ご相談ください。



貴方の困ったを、全国任意売却相談センターで良かったに!

なるべく早く専門家にご相談を!


引越し代も、そうですが、任意売却が終わった後、数ヶ月後・数年後に債権回収会社などから通知が来た場合には、貴方は誰に相談しますか?


司法書士さん弁護士さんにチョット相談するにしてもお金がかかりますよね?それにそんなに気軽に相談もできないでしょうに・・、そんな場合には私たちにお気軽にご相談ください。
私を通じて任意売却をされた方々からのご相談は永遠お引き受けいたします。


任意売却が終わった後にもお気軽にご相談にのります。と唱っておきながら、実際には、その当時の担当者が辞めてしまったので、貴方の相談にはのれませんとか、現在はシステムが変わったので昔の依頼者の相談にはのれないという業者さんがおります。しかし、私たちは違います。


フリーダイヤルは0120-888-349です。

全国任意売却相談センターへ相談して良かったとの声をお待ち申し上げております。



任意売却が終わった方々から頻繁にいただくご相談の例

  1. 【Q】 任意売却は終わっているのですが、サービサーという会社から至急に連絡をするように通知が届いています。 私の任意売却をしてくれた会社へ電話を入れたのですが『そのような相談は受け付けていません』と言われてしまいました。どうすればよいのでしょうか?

    【A】 任意売却が終わった後も相談をお受け致しますと唱っている業者さんでも、実際に相談の電話を入れると『もう〜ウチには関係ありません』と冷たくあしわられることが多いようです。

    貴方のケースでは、貴方の任意売却に無関係な私たちがアドバイスをすることが出来ません(非弁法という法律)。 貴方の任意売却を処理した業者さんがアドバイスをしてくれないのなら司法書士さんか弁護士さんに相談をするしかありません。


  2. 【Q】 サービサーが代りました。代ったサービサーに現在、月々1万円づつ返済している額を上げて欲しいと言われております。

    【A】 月々の返済額を上げても生活に支障が生じないのであれば、その額で交渉をしてみてはいかがでしょうか。無理であるのなら現行の返済額を維持する旨をもって交渉してください。
    多少なりともお金に余裕が生まれてきたのならご自分の債務を買取ってはいかがでしょうか?


  3. 【Q】 給料の差押えを受けてしまいました。
    任意売却後、数年間は月々2万円を返済していましたが、収入が一向に上昇せず2ヶ月ほど返済が遅れてしまいました。そしたら給料が差し押さえられてしまいました。それまでも生活が苦しかったのに、差押え以後には、それまで以上に生活が苦しいです。 アドバイスをください。

    【A】 自己破産を申請すべきだと考えます。
    法テラスと言うは国が設立した公的機関が御座います。弁護士費用の払えない方々でも弁護士に相談が出来る機関ですので、先ずは相談してみてはいかがですか?
    自己破産が認められて免責が下りれば給料差押えは解除されます。


  4. 【Q】 サービサーから先月と今月に2回も連絡が入りました。
    最初はサービサーが○○社から当社に替ったという挨拶でした。昨日の電話は私の債権を買取って欲しいという内容でした。

    【A】 弁護士さんに、相談すべき内容だと考えます。
    が・・、ハッキリ言って弁護士さんの費用プラス報酬は決して安くはありません。

    例えば、このようなケースの場合には着手金20万円〜30万円。プラス、弁護士さんが交渉で減額した減額分の13%〜16%が報酬として取られるのが一般的です。


    弁護士さんへの報酬の額を踏まえて、ご自分でサービサーと交渉をすることも選択肢の一つなのではないかと考えます。


  5. 【Q】 約3年と少し前に任意売却で自宅不動産を処分しました。
    任意売却が終わって約半年後位に任意売却をした信用保証会社から債権回収会社に、私の債権が譲渡されました。 そして、その1年後にまた、私の債権が債権回収会社が替った連絡がありました。 そのときにも、返済条件の変更と債権の買い取りの話合いが有りました。 私たちにはお金が無かったので、先方の申し出はお断りをさせてもらいました。 そしたら、昨日、裁判所から訴状が郵送されて来ました。 どうしればようのでしょうか?

    【A】 今度の債権回収業者は、今までの業者さんとは違いかなり強行なようですね。 裁判にかけてきた理由は債務名義をとりにきたのだと考えられます。債務名義を取得されてしまうと給料差押えなどが可能となります。それが目的なのでしょう。 弁護士さんに相談すべきです


  6. 【Q】 任意売却を数年前に行いました。 債権者が4社付いております。 今は、それぞれの債権回収業者に私の債権が移っております。 その4社に月々合計で9万円を返済しております。 月9万円の返済額はハッキリ言って苦しいです。 返済額を少なくする交渉は可能でしょうか?

    【A】 給料明細票と生活状況書などを見せて、現在の返済額では苦しいということが説明でき、それが認められれば減額はあり得ます。 あなたが任意売却を依頼した業者さんにご相談するか司法書士さんまたは弁護士さんへご相談を。


  7. 【Q】 約3年前に、住宅金融支援機構のフラット35の返済が出来なくなって競売にかかってしまいました。 そのときの残債務が約1,700万円も有ります。 先日、住宅債権管理回収機構から連帯保証人だった義理の父の元へ、私に代わり返済をして欲しいという通知が届きました。 どうすればよいのでしょうか?


    【A】 最悪の場合には、ご当人と義理のお父様で自己破産をするしかないかもしれません。 ご両人の返済能力が無いと判断された場合には少額での買い取りを求めてくるかもしれません。 義理のお父様が年金の生活者なら、余り強くは言ってこないかも知れません。 一度、あなたの任意売却を処理した業者さんへご相談なさってください。


  8. 【Q】 ちょうど1年前に任意売却で自宅を手放しました。 住宅ローン保証会社から近況報告の提出を求める通知が届きました。 何を書けばよいのでしょうか?


    【A】 現在返済している額を記入。 もし、ご自身の収入が上向いてきて現在の返済額以上を支払えるようならその額を記入しましょう。


  9. 【Q】 任意売却をしましたが購入者が現れず、競売になってしまいました。 現在は競売後に残った債務の返済を月々7万円返済を行っておりました。 先々月、1回だけ返済を怠ってしまいました。 そしたら連帯保証人である兄の方にも返済の督促状が届きました。 どうすればようでしょうか?


    【A】 競売後の返済契約書を公正証書で取られているのではないかと想像します。 そして、その契約書の中に1度でも滞納をすれば連帯保証人に請求という一文が記載されているのだろうと考えます。


    この場合、弁護士さんに相談をすべきです。 たぶん、弁護士さんはお兄さんを含め自己破産を勧めてくると思います。 それがベストな道だからです。 お兄さんが不動産を持っていれば任意売却で処分するか競売になります。


    今更、言っても意味のないことですが・・、競売が終わるや否や、自己破産をしておくべきでしたね。 変なプライドが有ったのだろうと考えます。



  10. 【Q】 以前、御社に任意売却のご相談をさせていただきました。 しかし近所のセンチュリーさんが買取ってくれるということだったので、センチュリーさんと専任媒介契約を結びました。 ですが、2ヶ月経過して解ったことなのですが買取ってはもらえず普通の売買でした。売却益が300万円位出るとのことだったのですが、今になって残っているローンよりも遙かに低い金額で販売しているのです。 ローンの残額よりも低い販売価格なのに、どうやって300万円の売却益が出せるのでしょうか? どうやって300万円を私に払ってくれるのでしょうか? 私たちはどうすればよいのでしょうか?


    【A】 あの時に何度も何度も、こうなる事をご説明申し上げたのですが・・。 今となってはスルガ銀行さんも、たぶん時間的に任意売却を認めてはくれないと思いますが、専任媒介契約を当社と結んでくれるのならスルガ銀行さんとの交渉をしてみます。


    買取ってくれるのであれば売買契約書です。 専任媒介契約書とは売買を仲介する際の契約書です。